研究業績


卒業生の卒業研究テーマ(過去5年)

【2020年度】
*五味太郎の作品はなぜ人気があるのか ―保育者へのインタビューから探る―
*乳幼児の見立て遊びにおける保育者の援助と遊びの発展
*保育士のやりがいと勤務の実態について
*保育現場におけるICT化への取り組みと今後の活用性について
*児童養護施設のきょうだい事例への対応 ―施設職員へのインタビューを通して―
*弱視児のための絵本制作
*Nijntje(ナインチェ)の魅力 -世代を超えて愛される理由—

 

【2019年度】
*室内遊びにおける2歳児の環境構成に関する一考察―大学内プレイルームでの遊びに焦点をあてて―

*保育現場における外国人幼児への援助―日本の伝統行事を中心として―
*明治~平成時代に出版された絵本「ももたろう」の比較―話の展開と表現方法に着目して―
*保育所における食を通した多文化共生保育に関する一考察―保育者へのインタビュー調査から―
*モンテッソーリ・メソッドの教育法に見る思想に関する考察
*滞日外国人に対する配慮について―ライフライン・インタビューを通して―
*レッジョ・エミリア・アプローチを導入した園の”環境を通した保育”について
*習い事のきっかけと取り組み方の関連―保育学生を中心としたアンケート調査を通して―

 

【2018年度】
*視聴覚メディアの子どもへの影響と対応について考える―プロパガンダ作品を通して―
*レッジョ・エミリア・アプローチにおける保育環境の魅力
*絵を用いた子どもの語りから見えてくる人との関わり
*乳幼児期におけるぬいぐるみの存在意義
*幼児の自然環境を通した遊びはどのように展開されていくのか―砂・どろ遊び、生き物とのかかわり 、水遊びの視点から―
*気になる子どもの行動への気づきとかかわり―1年間のプロセスから―
*ベトナム人大学生との交流から見えてきたこと

 

【2017年度】
*子どものキャンプ経験と母子分離不安との関連-T学院大学における森のようちえんを手掛かりに-

*ニュージーランドの就学前教育における記録のあり方-テ・ファリキを中心に-
*砂遊びにおける表現行為の年齢別特徴
*食育に対する家庭と保育現場の連携に関する一考察
*子どもの心に届く保育者の言葉掛けについて
*保育現場における砂遊びについて-仲間入り場面のルール・テーマ・役割に焦点をあてて-
*ネイチャーゲームによる子どもの自然に対する気づきと表現―指導者との関わりを交えながら-
*女子大生の幼少期における自然体験と成長後の自己肯定感・思いやりとの関連

 

【2016年度】
*自然物を題材とした絵本と子どもの遊びとのつながり
*コンパニオンアニマル(犬)と人間の関係性について考える
*乳幼児の絵本選択における表紙の重要性について考える
*テーマパークの環境設定について考える―東京ディズニーランドと園庭を比較して―
*北欧と日本の妖精・妖怪に関する文化と保育の関連性
*子どもが好むおもちゃの特徴と魅力について―おもちゃの取り合い場面を中心に―
*魔法の絵本の秘密を探る―『おやすみ、ロジャー』を通して―
*レッジョ・エミリア・アプローチに依拠した表現活動の実際―音楽活動と製作活動に焦点を当てて―

 

【2015年度】
*食農保育について―子どもと農業のかかわりから食育を考える―
*早期教育の効果と問題点について
*幼児の集団生活における仲間関係ときょうだい構成との関係性について―リーダー役の子どもを中心 にして―
*モノと関わる遊び・活動―子どもの「個」の育ち―
*「木育」の推進について―子どもの発達と子育て支援から―
*「森のようちえん」での就学前教育について―デンマークと日本の違い―
*幼少期の泥遊び・砂遊びの教育的意義と必要性
*行事食について―食育に対する認知度とののかかわり―
*乳幼児向け玩具の誤飲についての一考察
*わが国の親支援から見えてくる日本のすがた
*0歳児の泣き声について―母親の受け止め方から―
*保育現場における音楽が子どもの情動に及ぼす影響―子どもの自発的な動きを促す例も含めて―

 

 


教員の研究業績

Ⅰ.研究業績

【論文(過去10年)】

中田範子、香曽我部琢、石倉卓子、竹田好美「保育施設の園庭(playground)に関する研究動向―国内外の先行研究のシステマティックレビューから―」東京家政学院大学研究紀要第61号 2021年 印刷中

中田範子「保育現場における閉所に滞留する子どもにとっての保育者の存在」国際幼児教育学研究 vol27 2021年 査読あり 掲載決定 

中田範子「2~3歳児にとっての場の機能―S子の保育室内における滞留行動と回遊行動に着目して― 」保育学研究57(2) 2021年12月 査読あり 掲載決定

*佐藤有香, 石田淳也, 宇野民幸, 砂上史子, 関 容子, 中田範子, 平澤順子, 松嵜洋子, 山下文一, 山田千愛「領域「環境」の学問的背景の探究 ̶ 保育者養成校テキスト、学術論文等における「数量・図形 と生物」を対象にした分析 ̶」 乳幼児教育・保育者養成研究 pp.1 3 - 12 2020年11月 査読有り

中田範子, 佐久間路子「保育学分野における研究法の整理と検討 : 質的研究に焦点をあてて 」研究年報 25 pp.39 - 48 2020年9月

中田範子「保育現場における幼児の空間的環境との関与に関する研究の整理と検討」 東京家政学院大学紀要 60 pp.123 - 135 2020年8月

*竹田好美, 香曽我部琢, 石倉卓子,中田範子「認定こども園の園庭における幼児の豊かな経験 : 自由記述のテキスト・マイニングによる分析より」 宮城教育大学情報処理センター研究紀要 : COMMUE 27  pp.31 - 39 2020年3月

*石倉卓子, 香曽我部琢, 竹田好美, 中田範子「認定こども園の園庭における保育者の援助の方略の多様性 : 自由記述のテキスト・マイニングによる分析より」 宮城教育大学情報処理センター研究紀要 :   COMMUE 27 pp.23 - 30 2020年3月

中田範子「保育現場における子どもにとっての閉所の機能」保育学研究 57(2) pp.66 - 75 2019年 12月 査読有り

中田範子「保育者養成課程における学生主体の多文化共生教育 : 日越の大学生が連携した学修集団を形成するまでの軌跡における異文化間能力の涵養に着目して」 東京家政学院大学紀要 58 pp.161 -  175 2018年8月

*宮里暁美, 石倉卓子, 井上知香, 大方美香, 柿沼芳枝, 神長美津子, 駒久美子, 齊藤崇, 鈴木みゆき, 竹田好美, 永井由利子, 中田範子「幼保一体化移行に関する実態調査 : 園運営上の課題や保育教諭への期  待に焦点をあてて 」保育教諭養成課程研究 2 pp.31 - 42 2016年11月 査読有り

中田(後藤)範子, 柳瀬洋美, 渡邊眞理「『共に育つ保育者養成』の探求(2)保育実習Ⅱ(保育所実習)に向けた保育実習指導のあり方」東京家政学院大学紀要 54 pp.9 - 23 2014年8月

後藤範子「4年制大学における保育士養成教育と資質能力向上に関する一考察」東京家政学院大学紀要 51 pp.23 - 30 2011年8月

*中坪史典, 香曽我部琢, 後藤範子「幼児理解から出発する保育実践の意義と課題--幼児理解・保育計画 (デザイン)・実践・省察の循環モデルの提案」 子ども社会研究 17(17) pp.83 - 94 2011年 査読有り

*小野眞理子, 新開よしみ, 柳瀬洋美, 後藤範子, 蔡和美, 丹羽さがの, 石坂麻美, 中山恵理子「『共に育つ保育者養成』の探求(1)」 東京家政学院大学紀要 人文・社会学系 50 pp.13 - 29 2010年8月


【競争的資金】

*日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C) 研究代表者「保育施設の狭小な園庭を活用する保育者の資質向上プログラムの開発」 2020年4月 - 2024年3月  

 研究分担者:香曽我部琢, 石倉卓子, 竹田好美

*文部科学省 幼児教育の教育課題に対応した指導方法等充実調査研究委託 「幼稚園等での個別の指導 計画の実効性を高める条件に関する調査研究―子どもの姿をもとに10の姿を視点にして考える個別の 指導計画の作成と運用― 」2019年7月 - 2020年3月 

 共同研究者:原⽥晋吾、新開よしみ、吉永早苗、阿尾有朋、丹⽻さがの、柳瀬洋美、和⽥美⾹、⽥尻さやか

*東京家政学院大学教育改革推進費助成「保育者養成課程における学生主体の多文化共生教育」 2017年4月 - 2019年3月

*学校法人国際学院研究費補助金助成「子どもの協同する経験に関する保育実践研究」 2008年4月 - 2010年3月  共同研究者:大野智子

*学校法人国際学院研究費補助金助成「保育者志望学生の自然体験に関する意識調査」 2008年4月 - 2009年3月  共同研究者:大橋伸次

 

【 書籍等出版物(過去10年)】

*中坪史典、山下文一、松井剛太、伊藤嘉余子、立花直樹編著「保育・幼児教育・子ども家庭福祉辞典」分担執筆 ミネルヴァ書房 2021年6月

中田範子、齋藤義雄編著、和田美香、中内麻美、兼重祐子、須永真理、細田成子、立川泰史、山梨有子、山原麻紀子、池田仁人、渡邉眞理「幼稚園・小学校教育実習―学びの連続性を通して― 」大学図書出版 2018年3月

中田範子単著「子どもの育ちと環境―未来を見すえた保育の探求―」 大学図書出版 2018年3月

*増田まゆみ、矢藤誠慈郎編著、菱田隆昭、北野幸子、木戸啓子、椋木香子、川俣美砂子、内田千春、中田(後藤)範子、禰寛明、石井章仁、高山静子、田中卓也「ワークで学ぶ保育・教育職の実践演習」 建帛社 2014年4月

*高内正子監修、上中修編著、中田(後藤)範子、五十嵐淳子、須永進、高林穂津美、藤城民男、笹川康子、佐々木由美子、矢野正、清水陽子、船田鈴子、堀健治、諸富眞知子、中野順子、福井広和、並木真理子、高内正子、清水京子、鈴木えり子、森山昌弘、神野茂美、黒澤寿美、岡澤陽子、永渕泰一郎、小倉定枝、菊池達夫、島川武治、田尻由美子、上中修、長谷秀揮、高橋泰道、小礒伸一、武田京子、斎藤健司、濱田彩希、桂木奈巳、向坂幸雄、森元眞紀子、冨岡量秀、森内智子「保育実践に生かす 保育内容「環境」2014年3月 保育出版社

*井田英子編著、後藤範子、渡邉勝仁、篠原愛子「English for Childcare Students 保育系学生のための総合英語」大学図書出版 2012年4月

*大橋喜美子編著、豊田和子、西川ひろ子、原子はるみ、鷲岳覚、韓在熙、角野雅彦、杉山直子、中田 尚美、安井恵子、西本望、後藤範子、武田京子、小林美佐子、堀智晴、開仁志、中田純子、池田幸代、長谷秀輝、平野知見、斎藤崇、橘田重男、加藤博子、大下二三子、美谷島いく子、多田琴子「保育のこれからを考える保育・教育課程論」 保育出版社 2012年5月

*無藤隆、中坪史典、後藤範子編著、吉葉研司、松嵜洋子、金子仁、野津直樹、福田きよみ、斉藤恵美子、佐藤英文、丹野禧子、佐藤康冨、伊藤匡、降旗信一「保育内容・環境」 大学図書出版 2010年
 2月

後藤範子単著「子どもと保育の探求」 大学図書出版 2010年1月

 

【報告書等(過去10年)】

中田範子「異文化間能力の涵養に資する学生主体の多文化共生教育」東京家政学院大学・東京家政学院大学大学院国際交流センター報2018-2019  pp.55 – 69 2020年7月  東京家政学院大学教育改革推進費助成

*新開よしみ、吉永早苗、阿尾有朋、中⽥範⼦、丹⽻さがの、柳瀬洋美、和⽥美⾹、⽥尻さやか、原⽥晋吾 報告書「幼稚園文部科学省委託研究 幼稚園等での個別の指導計画の実効性を高める条件に関する調査研究-幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を幼児理解の視点にして考える個別の指導計画の作成と運用」2020年3月

中田(後藤)範子「ドイツの保育施設に見る「環境を通した教育」に関する一考察―ハンブルグ、ニーダーザクセン、ブレーメン州の保育施設視察調査から― 」東京家政学院大学・東京家政学院大学大学院国際交流センター報2014-2015  pp.31 - 42 2016年3月

後藤範子「OMEP2010世界大会及び北欧諸国の保育施設を視察して―「環境を通した保育」に焦点を あてて考察する―」東京家政学院大学・東京家政学院大学大学院国際交流センター報2012-2013  pp.77 - 87 2014年3月

 

【学会発表(過去3年)】

中田範子、石倉卓子、竹田好美、香曽我部琢「狭小な園庭を活用した保育の可能性-多様な園庭の実態から考える―」こども環境学会(長野) 2021年7月 科研費助成

*Takako Ishikura, Noriko Nakata, Taku Kosokabe “Nursery Teachers' Support for Young Children in Creating a Rich Playground Experience in ECEC Facilities: Analysis by Text Mining Nursery Teacher's Responses” PECERA Conference 2021(オンライン)  2021年7月 科研費助成

中田範子 「幼児の視点から見た園環境―写真投影法を用いて探る―」日本保育学会第74回大会(オンライン) 2021年5月

中田範子、宮里暁美、神長美津子、石倉卓子、石丸るみ、柿沼芳枝、駒久美子、島田由紀子、鈴木美枝子、竹田好美、永井由利子「認定こども園への移行・設置後の成果と課題(1)」日本乳幼児教育・保育者養成学会第1回研究大会(オンライン) 2020年12月

*柿沼芳枝、中田範子「認定こども園への移行・設置後の成果と課題(2)」日本乳幼児教育・保育者養成学会第1回研究大会(オンライン) 2020年12月

*自主シンポジウム「廃材を用いた製作遊びにおける幼児の相互作用」企画:香曽我部琢、指定討論者:中田範子、話題提供者:津田綾子、保木井啓史、香曽我部琢 日本乳幼児教育学会第30回大会(オンライン) 2020年11月

*杉本翔平、中田範子、駒久美子、松延毅「幼児の社会的スキルと遊びの夢中度(1)―TEMとSRAを用いた混合研究法―」日本保育学会第73回大会  2020年5月

中田範子「日系企業におけるベトナム人大学生のよりよい協働のために大学教育がどうあるべきか ―ベトナム人大学生に対する日系企業の期待と学校生活での経験内容を手掛かりにして―」 第7回言語文化教育研究学会研究集会(ベトナム・ハノイ)  2019年12月 東京家政学院大学教育改革推進費助成

*森末浩之、中田範子「日越学生間の異文化交流プログラムを通した学生の気づき」第7回言語文化教育研究学会研究集会(ベトナム・ハノイ)  2019年12月 東京家政学院大学教育改革推進費助成

*佐藤有香、関容子、中田範子、平澤順子、石田淳也、宇野民幸、砂上史子、松嵜洋子、山下文一、山田千愛「領域「環境」の学問的背景の探究(1)-保育者養成校テキストにみる数量・図形、生き物に関する事例の分析-」保育教諭養成課程研究会第5回研究大会(東京)  2019年9月

*山田千愛、石田淳也、宇野民幸、佐藤有香、砂上史子、関容子、中田範子、平澤順子、松嵜洋子、山下文一「領域「環境」の学問的背景の探究(2)-保育・幼児教育に関する数量・図形・生物分野の学術論文等の分析-」 保育教諭養成課程研究会第5回研究大会(東京)  2019年9月

*松嵜洋子、宇野民幸、石田淳也、佐藤有香、関容子、砂上史子、中田範子、平澤順子、山下文一、山田千愛「領域「環境」の学問的背景の探究(3)-小学校教科(算数・生活)に関する学術論文等の分析-」 保育教諭養成課程研究会第5回研究大会(東京)  2019年9月

*松延毅、石田淳也、本田 由衣、杉本翔平、中田範子、伊藤恵里子「遊びの世界における廊下の意味-モザイクアプローチで解釈する“手を繋いでさまよう女児たち”の物語-」 日本保育学会第72回大会(東京)  2019年5月

*丹羽さがの、吉永早苗、新開よしみ、田尻さやか、中田範子、柳瀬洋美、和田美香「保育実践者と協働した養成校教員の資質向上に関する研究」 日本保育学会第72回大会(東京)  2019年5月

*自主シンポジウム「"場"がひろげる遊びの世界」企画:香曽我部琢、指定討論者:宮里明美、話題提供者:石倉卓子、竹田好美、松延毅、中田範子、演題:「閉所で遊ぶ子どもたち」日本保育学会第72回大会(東京) 2019年5月

*石倉卓子、竹田好美、神長美津子、宮里暁美、建部謙二、田尻由美子、大方美香、柿沼芳枝、中田範子、島田由紀子「認定こども園の園庭における遊びと援助についての調査報告」  保育教諭養成課程研究会第4回研究大会(東京)  2019年1月

中田範子「4年次における指導計画作成に対する意識の変化-保育現場での実習を経て-」保育者養成教育学会第2回研究大会(東京)  2018年3月

 

Ⅱ.社会的活動

【委員歴(過去10年)】

2021年5月-9月 横浜市緑区霧が丘公園こどもログハウス指定管理者選定委員会委員長

2021年4月-現在 学校法人武蔵野平安学園 理事・評議員

2019年7月 - 現在 日本子ども社会学会 共同研究事業委員

2017年6月 - 現在 社会福祉法人省我会 評議員

2016年10月 – 2020年3月 こども環境学会 学会誌編集部会 委員

2019年10月 - 2020年3月 松戸市指定管理者候補者審査委員会 委員

2015年4月 - 2016年5月 松戸市指定管理者候補者審査委員会 委員

2010年7月 - 2015年6月 町田市立子どもセンターぱお運営委員会 委員

2012年8月 - 2013年2月 松戸市新松戸地域学校跡地有効活用事業 事業者選定審査委員会 委員

2012年6月 - 2013年1月 町田市保育料等のあり方検討委員会 副委員長

2010年11月 - 2011年12月 町田市長期計画審議会 委員

 

【研修講師・審査員歴(過去10年、公表しているもののみ)】

※保育現場での研修講師については、その園の保育の「素敵なところ」を見つけ出し、対話を通して意味づけたり、関連付けたりしながら言語化する。こんなスタイルが現在の私(中田)のやり方です。答えは、一人ひとりの保育者の中にすでに内在していると思うからです。「子どもの主体性」「遊びの重要性」などのテーマをキーワードにして、子どもたちの現在と未来を見据えて考えた場合、どのような構成要素が見つかり、どのような関連性が見いだせるでしょうか。そして、それがどのような言葉で表現できるでしょうか。こんな視点から、園内研修のお手伝いができれば、と思っています。

2021年5月 もみの木保育園公開講座「子どもの主体的な遊び、学びを大切にする保育とは」アドバイザー

2020年12月 日本女子大学附属豊明幼稚園園内研修講師

2016年10月 省我保育園園内研修講師

2016年8月、2018年12月 あいはら幼稚園園内研修研修講師

2012年1月-2014年6月 町田市ファミリーサポートセンター保育講習会講師

2011年11月-2013年1月 東洋大学「私の考える食育コンクール」学外審査員

2011年11月-現在 全国学校・園庭ビオトープコンクール審査員

2011年10月-2014年4月 八王子市民大学いちょう塾講師
2011年9月 町田市立森野保育園園内研修講師
2011年2月 厚生労働省受託 2010年度病児預かり基盤整備事業@子育てコンシェルジュサポーター Kidsエイド養成講座講師


教員の学歴・職歴

Ⅰ.学歴

日本女子大学家政学部児童学科卒業

日本女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修士課程修了 修士(家政学)

白梅学園大学大学院子ども学研究科博士課程在学中

 

Ⅱ.職歴

同仁美登里幼稚園教諭

日本女子大学附属豊明幼稚園教諭

日本女子大学さくらナースリー臨時保育士

国際学院埼玉短期大学幼児保育学科講師、助教授、准教授

東京家政学院大学現代生活学部児童学科准教授(現在)

 

Ⅲ.主な担当科目(過去10年)

保育内容総論A/B, 子どもと環境, 環境の指導法, 野外活動論(児童と野外環境), 教育・保育制度論, 保育の計画と評価, 生活科教育, 児童学研究法A/B, 卒業研究A/B, 保育実践演習, 初等教育実習A/B, 初等教育実習指導(幼) (現在・東京家政学院大学)

保育内容演習(ことば) (東洋大学)

保育者の言語表現 (東京成徳短期大学)

保育・教育課程論 (現在・白梅学園大学)

保育内容総論Ⅰ・Ⅱ,幼児環境教育論 (日本女子大学)

現代の子どもと保育 (放送大学)